頻脈・徐脈

頻脈

洞性徐脈

頻脈とは心臓の脈が早い状態です。循環器内科を受診する意味は頻脈の原因として心臓に基礎疾患がないかチェックすることです。心臓に基礎疾患がない場合、洞性頻脈は直ちに治療の必要はありませんが、自覚症状が辛い場合には治療を考慮します。
1、生活習慣:
ストレス、緊張、寝不足、疲労、飲酒、喫煙、カフェイン等、交感神経刺激の生活習慣を見直します。
2、抗不整脈薬
メインテート(ビソプロロール)、インデラル(プロプラノロール)、β遮断薬は頻脈症状を和らげます。
3、心療内科、産業医:
精神的、労働環境要因が強い場合、心療内科、職場の産業医へ相談します。

徐脈

通常、洞性徐脈はリラックス出来ている証拠で、特別の治療は必要ありません。また、良く運動する方は安静時心拍数が徐脈になります。失神、目眩等の症状が辛い場合は治療を考慮します。