テストステロン低下症

テストステロン低下症とは?

男性ホルモン「テストステロン」の低下が原因で、様々なテストステロン欠乏症状を来す状態です。加齢性腺機能低下症(late-onset hypogonadism: LOH)症候群とも呼びますが、20代から80代まで幅広い年代で起こります。

テストステロン欠乏症状:だるさ、寝ても疲れが取れない、熟眠感低下、筋力低下、意欲低下、頻尿、性機能低下、情緒不安定、性格変化、等

診断は「男性の性腺機能低下症ガイドライン2022」に従います。
採血にて遊離テストステロン(または総テストステロン)値を測定:
・明らかな低下(8.5pg以下):テストステロン補充療法の適応
・低下傾向(11.8pg以下):テストステロン補充療法を考慮
・正常(11.9pg以上):テストステロン低下なし
総テストステロン250、320ng未満も参考にします。

テストステロン低下症の治療

(1)テストステロン筋注:「エナルモン」、125-250mg、2-4週間に1回投与
(2)テストステロン外用クリーム:市販「グローミン」、2700-4000円程度
(3)生活習慣改善:筋トレ、理想は週7、30分以上、良質な食事(蛋白質、アミノ酸)、十分な睡眠、アルコール飲み過ぎを控える、過労を控える
専門外来として日本メンズヘルス医学会「メンズヘルス外来」が参考になります。