心房細動

心房細動(しんぼうさいどう)とは?

心房細動とは脳梗塞の原因となる不整脈です。心房内の血流うっ滞、血栓形成、脳の血管へ血栓が飛ぶと心原性脳塞栓症(しんげんせいのうそくせんしょう)という脳梗塞の原因になります。重症になることが多く、第一に予防が重要です。自覚症状がある場合が半数、半数は自覚症状がなく健診等で見付かります。発作性、持続性、慢性、永続性の病型分類があります。

1、確定診断、病型分類、可逆的要因の有無の評価、弁膜症性か非弁膜症性か、心不全、脳梗塞の有無の評価のために必要な検査として心電図、ホルター心電図、採血、心エコー、冠動脈CT・心臓MRI、頭部MRIがあります。

2、「CHADS2スコア」「CHA2DS2-VAScスコア」にて血栓リスクを評価、抗凝固薬を開始します。

3、心房細動の根治治療、カテーテルアブレーション治療を考慮します。

心房細動の原因、可逆的要因

心房細動の最大の原因は加齢です。50代、60代以降で急増します。30代、40代は稀ですが、ストレス負荷で出現することがあります。加齢以外の可逆的要因として甲状腺機能異常、高血圧、脂質異常症、糖尿病、アルコール多飲、喫煙、肥満、睡眠時無呼吸症候群があります。

心房細動の薬物療法

心原性脳塞栓症予防のため抗凝固薬を使用します。
・ビタミンK拮抗薬(VKA):ワーファリン(ワルファリン)
・直接経口抗凝固薬(DOAC):イグザレルト、リクシアナ、プラザキサ、エリキュース

頻脈に対し、頻脈誘発性心筋症(TIC)予防のため心拍数コントロールします。
・メインテート(ビソプロロール)、アーチスト(カルベジロール)、ワソラン(ベラパミル)、ヘルベッサー(ジルチアゼム)、他

カテーテルアブレーション治療とは?

心房細動の根治治療です。最短2泊3日の入院、心房細動の原因となる電気回路を熱または冷却によって電気的に焼灼します。カテーテルアブレーション専門病院に紹介します。治療成績は年々向上しており、第一選択の治療選択肢になって来ました。

心房細動の治療は日進月歩で毎年のようにアップデートがあり、一昔前の治療方針は古くなっている場合もあります。お気軽にご相談ください。