心筋症

肥大型心筋症とは?

肥大型心筋症(HCM)とは心筋症の一つで、心臓の筋肉が異常に肥大する病気です。原因は約半数で遺伝子異常が特定されています。閉塞性肥大型心筋症の場合は失神の原因となります。合併症として心室性不整脈、心房細動、感染性心内膜炎があります。心エコー、心臓MRIにて診断、分類します。
・左室流出路閉塞性肥大型心筋症(HOCM)
・心室中部閉塞性肥大型心筋症(MVO)
・心尖部肥大型心筋症(APH)
・拡張相肥大型心筋症(DHCM)

治療は十分に確立していません。進行抑制を期待して、β遮断薬、カルシウム拮抗薬を使用します。競技スポーツの制限、心筋切除術、心移植があります。

拡張型心筋症とは?

拡張型心筋症(DCM)とは心筋症の一つで、心臓の筋肉が異常に拡張する病気です。原因はいくつかの遺伝性異常、自己免疫性の因子が特定されています。心エコー、心臓MRIの所見で診断します。

治療はまだ十分に確立していません。肥大型心筋症の治療に準じます。