健康診断

健診異常の二次検査

健診

お茶の水循環器内科では健診異常の二次検査を実施しています。必要に応じて、ホルター心電図、心エコー、冠動脈CT、心臓MRI、頸動脈エコー等を追加します。

・血圧測定
基準範囲は130/85未満です。重度の高血圧の場合、二次性高血圧の鑑別を検討します。
・脂質
基準範囲はLDL 140未満、HDL 40以上、TG 150未満です。特にLDL 180以上は家族性高コレステロール血症の可能性を疑います。プラークの評価には頸動脈エコーが有用です。
・血糖
基準範囲は空腹時血糖126未満、食後血糖200未満、HbA1c 6.5未満です。
・胸部レントゲン
循環器内科にとって重要な所見として心陰影、血管陰影、心胸比の評価です。心胸比50%以上を「心拡大」と言い、基礎疾患の有無を精査します。
・心電図
心電図異常は致死的不整脈から特に問題のないものまで多岐に渡ります。健診で心電図異常を引っかかった場合には心電図所見がわかるものもご持参ください。

高血圧、脂質異常症、糖尿病、不整脈の種類によっては自覚症状がない場合が多いです。自己判断で放置せずにお気軽にご相談ください。

法定健診

お茶の水循環器内科では法定健診を行っています。

【法定定期健診A】
費用:7000円(税込)
検査項目:問診、現病歴、既往歴、業務歴、身長、体重、BMI、腹囲、視力、聴力、血圧、尿糖、尿蛋白、胸部エックス線
診断書発行:即日発行可

【法定定期健診B】
費用:12000円(税込)
検査項目:問診、現病歴、既往歴、業務歴、身長、体重、BMI、腹囲、視力、聴力、血圧、尿糖、尿蛋白、胸部エックス線、赤血球数、ヘモグロビン、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、LDL、HDL、中性脂肪、血糖またはHbA1c
診断書発行:5日後以降
診断書郵送手数料:500円(翌平日診療日、簡易書留にて発送)

【法定雇入時健診】
費用:12000円(税込)
検査項目:問診、現病歴、既往歴、業務歴、身長、体重、BMI、腹囲、視力、聴力、血圧、尿糖、尿蛋白、胸部エックス線、赤血球数、ヘモグロビン、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、LDL、HDL、中性脂肪、血糖またはHbA1c
診断書発行:5日後以降
診断書郵送手数料:500円(翌平日診療日、簡易書留にて発送)

※お茶の水循環器内科は健診専門の医療機関ではありません。 診療の合間で健診を行っており、診療の混み具合、急病人対応中の場合はお待たせすることがあります。健診専門の医療機関探しは下記のページをご参考ください。
http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/kenshin/list/13
https://www.mrso.jp/tokyo