睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中の呼吸障害は冠動脈疾患、不整脈、脳卒中、認知症のリスクです。高血圧、心拍数増加、高血糖、中途覚醒、夜間頻尿、熟眠障害、寝ても疲れが取れない、肩こり、首こり、イライラ、交感神経過剰の原因になります。

診断は無呼吸低呼吸指数(AHI)の測定です。正常5未満、5以上軽症、15以上中程度、30以上重症です。必要に応じて一泊の精密検査「ポリソムノグラフィー(PSG)検査」を紹介します。

睡眠時無呼吸症候群の治療

治療は「無呼吸専門クリニック」に紹介します。
1、持続陽圧呼吸(CPAP)療法:気道に陽圧を加え気道閉塞を防ぐ、専門施設へ紹介
2、マウスピース治療:無呼吸治療用マウスピース作製、専門歯科へ紹介
3、外科治療:咽頭形成術、顎前方移動術、舌下神経刺激療法
4、呼吸抑制作用のある薬剤の中止:アルコール、睡眠薬、筋弛緩薬、他
5、生活習慣:減量、睡眠姿勢(仰向き寝より横向き寝)、寝具調整(高い枕はNG)、舌リハビリテーション、他
睡眠時無呼吸症候群の治療を開始すると各種症状は改善します。