糖尿病

糖尿病とは?

糖尿病は冠動脈疾患の危険因子です。「糖尿病診療ガイドライン」ではHbA1c 6.5%以上、空腹時血糖126mg/dl以上、食後血糖200mg/dl以上を基準に診断します。糖尿病合併症は糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害の微小血管合併症、冠動脈疾患、脳血管疾患等の大血管合併症があります。合併症は自覚症状が出た後に元に戻す治療法がないため予防が第一です。

糖尿病の治療は食事、運動、糖尿病治療薬の3種類です。糖尿病合併症予防のための治療目標値はHbA1c値7.0未満、理想は6.0未満です。
・食事は糖質過剰摂取を減らします。甘いものは勿論、白米、小麦粉(うどん、ラーメン、パスタ、パン、他)、菓子(お煎餅)等の甘い味ではない糖質、加糖飲料に注意です。
・運動は有酸素運動、毎日30分以上または週3日以上が目標です。ただし、高リスク例では冠動脈疾患の有無を評価してからの運動開始が安全です。

糖尿病の治療と同時に、必要に応じて冠動脈CT、頸動脈エコー、眼底の血管の状態を評価します。

糖尿病治療薬

・ビグアナイド:メトグルコ(メトホルミン)
・SGLT2阻害薬:ジャディアンス(エンパグリフロジン)、フォシーガ(ダパグリフロジン)、他
・DPP4阻害薬:ジャヌビア(シタグリプチン)、他
・GLP-1受容体刺激薬:リベルサス(経口セマグルチド)、トルリシティ(デュラグルチド)、他
・αグルコシダーゼ阻害薬:ベイスン(ボグリボース)、他
・SU薬:アマリール(グリメピリド)、他
・持効型インスリン:ランタス(インスリングラルギン)、他
・超速効型インスリン、速効型インスリン、混合型インスリン:多数

「FreeStyleリブレ」

リブレ

「FreeStyleリブレ」とは14日間の持続間質液中グルコースモニタリングデバイスです。15分ごとの血糖の見える化、自己管理能力の向上、血糖コントロールが劇的に改善する方がいます。自己管理意欲が高い方と相性が良いです。費用がネックになりがちですが試す価値はあります。

1型糖尿病

生活習慣病の2型糖尿病とは別に、自己免疫性のインスリン分泌障害が主な原因の1型糖尿病があります。劇症1型糖尿病、急性発症1型糖尿病、緩徐進行1型糖尿病があり、抗GAD抗体、IA-2抗体、抗インスリン抗体等が陽性になることが多いです。

治療の主体はインスリンです。持続性分泌の基礎インスリンと食事ごとの分泌の追加インスリンの生理的な動きをインスリン製剤の投与で再現します。
・基礎インスリン:持効型インスリン
・追加インスリン:超速効型インスリンまたは速効型インスリン

お茶の水循環器内科では糖尿病専門医による糖尿病外来を実施中です。経口血糖降下薬の調整、インスリン療法の導入・継続、教育入院の相談、1型糖尿病の検査、診断などお気軽にご相談ください。