胸痛の診療の進め方

胸痛の原因

胸痛の原因

・冠動脈疾患(急性心筋梗塞、労作性狭心症、冠攣縮性狭心症、他)
・冠動脈疾患以外の心血管疾患(心筋炎、心膜炎、弁膜症、心筋症、心不全、大動脈解離、大動脈瘤破裂、血管炎症候群、他)
・呼吸器疾患(気胸、肺炎、肺血栓塞栓症、睡眠時無呼吸症候群、胸膜炎、他)
・消化器疾患(逆流性食道炎、食道痙攣、胃炎、胃痙攣、特発性食道破裂、胆嚢炎、膵炎、胆管炎、他)
・整形外科疾患(肋骨骨折、鎖骨骨折、胸鎖関節痛、肩関節痛、筋肉痛、他)
・神経疾患(肋間神経痛、帯状疱疹、胸椎椎間板ヘルニア、他)
・薬剤性、カフェイン、喫煙、アルコール、他
・ストレス性、心因性、不安神経症、非心臓性胸痛
・その他、原因不明、上記にいずれも明らかな異常を認めないもの

胸痛の検査

・心電図、胸部レントゲン
・心筋トロポニン迅速検査、採血(心機能、凝固、炎症反応、他)
・冠動脈CT・心臓MRI、冠動脈カテーテル検査
・心エコー、胸部CT、睡眠呼吸検査、他
詳しくは「冠動脈CT・心臓MRI」のページをご覧ください。
https://ochanomizucardiology.com/cta

冠危険因子(coronary risk factor)とは?

冠危険因子は冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)のリスク評価指標です。
・高血圧
・脂質異常症
・糖尿病
・喫煙(過去の喫煙、受動喫煙含む)
・大量飲酒(適量飲酒はOK)
・睡眠時無呼吸症候群
・肥満、運動不足
・加齢、家族歴、その他
冠危険因子が多いほどリスクが高く、少ないほどリスクは低いです。
お茶の水循環器内科の方針としては、3項目以上の冠危険因子を認める場合は必ず冠動脈狭窄を精査、2項目の場合も基本的に同様、1項目の場合は症状等から総合的に判断、0項目の場合は通常、冠動脈狭窄の可能性は高くはありません。

冠危険因子以外の参考所見

増悪寛解因子
・冠動脈疾患の特徴:労作時、運動、階段、坂道等の労作時に悪化
・深呼吸、咳に関係:呼吸器疾患、
・食事、飲酒に関係:消化器疾患、
・姿勢、動作に関係:整形外科、末梢神経等
の原因を考えます。例外的に、冠攣縮性狭心症は安静時、夜間、早朝に悪化することが特徴です。

胸痛の性状
・冠動脈疾患の特徴:胸全体の締め付け感、絞扼感、圧迫感
・ピンポイント、ズキズキ、チクチク、刺すような痛み:冠動脈疾患以外を考えます。

冠動脈疾患の可能性が著しく低い場合、冠動脈疾患が否定出来た場合には「総合診療科」、それでも痛みが残る場合には「ペインクリニック」を紹介します。