高尿酸血症

高尿酸血症とは?

高尿酸血症

尿酸7.0以上の状態です。「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」では尿酸9.0以上、腎機能障害等の合併症がある場合は8.0以上、痛風発作を繰り返している場合7.0以上が治療対象です。

治療は食事、節酒、尿酸低下薬の3種類です。尿酸7.0未満が目標です。
・食事はプリン体の過剰摂取を控えることですが、実は食事の影響は2-3割程度と言われています。雲丹、いくら、鱈子、あん肝、数の子、レバー、ホルモン系はプリン体が多いです。
・節酒も重要です。アルコール自体に尿酸値上昇作用があります。

高尿酸血症治療薬

・尿酸生成抑制薬:ザイロリック(アロプリノール)、フェブリク(フェブキソスタット)、ユリス(ドチヌラド)、他
・尿酸排泄促進薬・尿アルカリ化薬:ユリノーム(ベンズブロマロン)、ウラリット(クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム)
・痛風発作予兆時:コルヒチン
痛風発作時は消炎鎮痛薬で対処、尿酸低下薬は発作寛解後に開始します。