房室ブロック

(1)治療の必要ない房室ブロック

房室ブロックとは心房から心室へ信号の伝わりが遅い状態です。房室ブロックには(1)治療の必要のない房室ブロック、(2)治療の必要な房室ブロックの2種類があります。

(1)治療の必要のない房室ブロック:
・I度房室ブロック:PR延長、QRS波脱落なし
・Mobitz I型(Wenckebach型)房室ブロック:次第にPR延長、QRS波脱落

副交感神経が原因と言われており、治療の必要はありません。

(2)治療の必要な房室ブロック

治療は「不整脈の非薬物治療ガイドライン」に従います。

(2)治療の必要な房室ブロック:
・Mobitz II型房室ブロック:PR延長なし、突然QRS脈脱落
・III度房室ブロック(完全房室ブロック):房室解離
器質的障害による伝導異常が原因で、可逆的原因を精査します。房室ブロックを根治させる薬はありません。ペースメーカーの適応を考慮します。