狭心症

狭心症とは?

冠動脈CT

狭心症とは心臓の筋肉に必要な血液が届かないこと(心筋虚血)が原因で、狭心症発作を起こす病気です。通常の狭心症の症状は冠動脈の狭窄によって起こります。
冠動脈を直接調べる検査には(1)冠動脈CT、(2)心臓MRI、(3)冠動脈カテーテルの3つがあります。
(3)冠動脈カテーテル:入院の検査兼治療、狭心症の診断後または症状から明らかな場合に実施

冠動脈CT・心臓MRI

左主幹部(LMT)、左前下行枝(LAD)、左回旋枝(LCX)、右冠動脈(RCA)
判定結果:
・完全閉塞(100%)、重度狭窄(90-99%):緊急カテーテル、救急搬送
・有意狭窄(75%)、境界型狭窄(50-75%):カテーテル
・軽度(25%)、中程度狭窄(50%):冠危険因子の管理
・狭窄なし(0%):正常

【冠動脈CT・心臓MRIの使い分け】
(1)冠動脈CT:被爆あり、ヨード造影剤使用あり、検査時間15-20分、精度0.4-0.5mm、心筋情報のために心エコー検査追加が必要
(2)心臓MRI:被爆なし、造影剤非使用、検査時間30-45分、精度0.6-1.2mm、詳細な心筋情報(心臓造影MRIの場合)、閉所、MRI検査音

冠危険因子(coronary risk factor)とは?

冠危険因子は冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)のリスク評価指標です。
・高血圧
・脂質異常症
・糖尿病
・喫煙(過去の喫煙、受動喫煙含む)
・大量飲酒(適量飲酒はOK)
・睡眠時無呼吸症候群
・肥満、運動不足
・加齢、家族歴、その他
冠危険因子が多いほどリスクが高く、少ないほどリスクは低いです。

胸痛の原因の参考所見

・冠危険因子の有無と程度:
冠危険因子が多いほどリスクが高く、少ないほどリスクは低いです。
・胸痛の性状:
冠動脈疾患の典型的な痛みの性状は、圧迫感(胸全体が圧迫されるような感じ)、重圧感(胸全体が重く押されるような感じ)、絞扼感(胸全体が締め付けられるような痛み)等です。胸の一箇所が痛い、ズキズキ、チクチク痛いという場合は通常、冠動脈疾患の可能性は高くはありません。
・増悪寛解因子:
冠動脈疾患の特徴は運動、階段、坂道等の労作時に悪化、安静で軽快することが特徴です。深呼吸、咳が変わる場合は呼吸器疾患、食事や飲酒に関係する場合は消化器疾患、姿勢、動作で変化する場合は整形外科、抹消神経等の原因を考えます。冠攣縮性狭心症は例外的に、安静時、夜間、早朝、午前中に悪化することが特徴です。
・その他:年齢、既往歴、家族歴、随伴症状、内服薬等の情報から冠動脈疾患の危険度を総合的に評価します。

冠動脈疾患の可能性が高くない場合、冠動脈疾患が否定出来た場合には「総合診療科」、それでも痛みが残る場合には「ペインクリニック」を紹介します。